MENU

シミウスは20代では

 

あれ、痛い?!マッサージの時に痛みを感じる原因とは

 

さあ、いよいよシミのない美肌を目指してシミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージです。

 

…あれ?ちょっと痛い?そう、お顔のマッサージの時に痛いと感じることがあるのです。

 

せっかく張り切ってお手入れをしようとしているのに痛みがあっては気分が下がってっしまいますね。

 

それに何か肌が良くない状態なのかと不安もあるでしょう。

 

痛い時って、お肌になにが起こっているのでしょうか。

 

まず考えられるのは「顔凝り」です。

 

えっ、顔も凝るの?!とびっくりされるかもしれませんが、顔も凝るのです。

 

仕組みは肩凝りなどと同じく、血行が悪くて筋肉が硬くなってしまっていること。

 

押すと「痛気持ちいい」感じだったり、ちょっと硬く凝り固まったようなものを指先に感じたら「顔凝り」です。

 

長い間のデスクワークやスマホ、不規則な生活など、凝る原因は身に覚えがある人が大半なのでは?この場合は毎日優しくマッサージを続けてみてください。

 

力が強すぎるとシワやたるみやシワの原因となってしまうので、優しく滑るようにマッサージするのが重要です。

 

それによって少しづつですが凝りは改善されていきます。

 

だんだんお肌が温かくなって血行が良くなってくるのが実感できるかと思います。

 

すぐに凝りが解消というわけにはいきませんが、継続することで痛みも軽減されていきます。

 

そしてもう一つ、痛みの原因として考えられるのは「顔と指とが擦れて痛い」「マッサージの力を入れすぎている」という場合です。

 

これはこのまま続けているとお肌を傷めてしまいます。

 

もったいないからとジェルをケチって少ししか使わないと、肌と指の間に摩擦が起きて擦れてしまい痛みを感じます。

 

ジェルはマッサージの際、潤滑油の役割も果たしますので「お手入れガイド」を参考に適当な量を使うことが大切です。

 

乾燥肌が気になる人は通常より擦れることが多いので、少し多めのジェルを使うようにするとより安心です。

 

力加減に関しては「顔凝り」の時と同様ですが、優しく優しく、顔を包むようにマッサージしてみてください。

 

強い力になれていると物足りないと思うかもしれませんが、お肌はとてもデリケートだということを忘れずに。

 

さあ、痛みの原因はお分かりになりましたか?以上を踏まえたお手入れで、美肌に一歩近づきましょう。

 

 

シミウスでマッサージしましょう

 

さあ、ではマッサージしてみましょう。

 

購入するとお手入れガイドがついてきますから、見ながらするといいですよ。

 

大丈夫。

 

すぐに慣れます。

 

(1)耳の下のリンパ節を、指で押します。

 

  だんだんと柔らかくなってくるのがわかりますよ。

 

(2)次はフェイスライン。

 

あごの下から耳の下へ向かって、皮膚をのばしていきます。

 

(3)グーで、ほほの下側をほぐします。

 

  グリッ、グリッ。

 

ゆっくりとほぐしていきます。

 

  これを、右のほほ、左のほほ、と交互に行います。

 

  血流がよくなって、ほほが温まってくるのが実感できますよ(4)次は顎関節。

 

あごを開く関節です。

 

ほほ骨のうしろにある関節ですね。

 

  これを円を描くように、まーるく、まーるく、ほぐしていきます。

 

(5)最後は、鼻の横からほほ骨に向けて、ぐーをスライドさせていきます。

 

  これでおしまい。

 

どうですか。

 

顔が軽くなったような、すっきり感が得られたでしょう?初めのうちは、とまどうかもしれませんが、すぐに慣れます。

 

お手入れガイドを見ながら、気軽にチャレンジ!ぜひやってみてください。

 

 

とにかく安く購入したいなら

 

最近では、ネットでの会もというのが注目を浴びていますが、シミウスは定期購入するなら公式サイトが一番安く購入できます。

 

というのも公式サイトなら20%オフで購入できるのです。

 

もちろん、楽天などの通販サイトでも購入でいますが、こちらだたと15%オフでの購入になります。

 

しかし、これは定期購入の場合に限ったことで、単品で購入するとなると公式サイトの方が1000円も高くなります。

 

それならネットの方がと思うかもしませんが、公式サイトで購入すると様々な特典が付いてきます。

 

例えば、購入後の送料が無料だったり、万が一お肌に合わなかった場合のことを考えて返金保証がついていたりします。

 

さらに、美容マスクもプレゼントされたり、プレミアム会員になって定価よりも安く購入できるランクになれたりと良いこと尽くしです。

 

金額だけで購入先を決めてしまうと損をすることもあります。

 

シミウスを購入するなら公式サイトから直接購入するのが一番いいと思います。

 

 

スパチュラも大切です

 

メビウス製薬のシミウスジェルに添付されているスパチュラは実は非常に大切なものなのです。

 

意外な盲点なのですが、手には多くの雑菌が付いているのです。

 

例えば、薬用のせっけんで30秒以上洗ったとしても完全に除菌できるというのは不可能なのです。

 

さらに、手をしっかりと洗っても、濡れた手を拭くタオルにも雑菌がいます。

 

そのため、手に付いている雑菌をゼロにすることは不可能なのです。

 

その雑菌が付いている手を化粧品の容器に入れて中身を取り出すことによって、触れた部分から雑菌が繁殖してしまうのです。

 

そして、容器の中は雑菌まみれになるのです。

 

その化粧品は雑菌によってお肌のトラブルの原因にもなってしまうこともあるようです。

 

そこで重要となるのがスパチュラです。

 

スパチュラを使用することで直接化粧品に手を触れることなく中身を衛生的にキープすることが可能となります。

 

そのため、きちんとしたコスメメーカーはスパチュラ添付していることが多いのです。

 

使用する方のお肌のことをきちんと考えて設計されているかどうかは、スパチュラが添付されているかされていないかでも判断できるのです。

 

 

手の甲もマッサージ。

 

「年齢を感じる体のパーツ」のアンケート結果を見てみましょう。

 

1位が手の甲、2位が首、3位が髪。

 

上位3位までに顔は入っていません。

 

これは、女性が顔のお手入れをしっかりしていることを意味します。

 

それに加え、若く見えるようにメイクできることから他のパーツに目がいってしまうことも考えられます。

 

「手の甲」については、髪に触れたり、人前で手を使う機会が多くあり、目にふれやすくなることで顔の肌と比較されやすいので年齢を感じやすいようです。

 

確かに手の甲は、日にも当たりやすいですし水に浸かる機会も多いパーツでもあります。

 

顔に比べて、シミやシワが多くなるのも仕方がないでしょう。

 

頑張って顔のお手入れをしても「年齢を隠せない手の甲」とのギャップで、結局老けた印象を持たれてしまうのは悲しい話ですよね。

 

これらの事をふまえ、シミウスジェルで顔のマッサージをする時には、ついでに手の甲のマッサージもすることをお勧めします。

 

私の場合を例にあげますと、手の甲に小さなシミが少しあり、また乾燥のためツヤがない状態になっています。

 

朝はあまり時間がないので、顔のマッサージ後手に余ったジェルを手の甲に伸ばすだけです。

 

その代わり、夜は顔のマッサージの後ジェルをほんの少し足して、ハンドマッサージを実行しています。

 

シミに対しては効果はゆっくり現れますが、乾燥に対してはすぐに効果が現れ、前より艶やかになっています。

 

少しは、顔と手の甲とのギャップを埋めることができたと嬉しく思っています。

 

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ